阿佐ヶ谷ロフトA‏ あきまんトークショウ&サイン会 2017/9/21(木)

 TRASH Rのぶろぐ?

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

阿佐ヶ谷ロフトA‏ あきまんトークショウ&サイン会 2017/9/21(木)

あきまんガンダムデザインワークス
に行ってきました!!

あきまんさんのサイン会やトークショウは過去に何度か行われているのですが、
自分は今回始めてようやっと行くことができました!!

現地に到着し時間になると…あきまんさんは現れず。
お店の人(?)があきまんさん遅れる、いま高円寺を移動中とのこと。

会場が爆笑に包まれる(笑)
そして皆がみな想定内、みたいな顔をしていて気分を悪くする人もみられず。

それもそのはず?
遅刻あきまん
今にして思うとミニ色紙を描かれていたのでしょうか?



ほどなくしてあきまんさんが到着。
司会のメガロマニアの公森さんによりトークショウがスタート。

まずは公森さんが編集を手掛けた今回のイベントをするきっかけにもなった
画集のきっかけ等から…ガンダムの話になり富野監督の話になり仕事の話になり
1時間があっというまで話は多岐にわたりました。

適当にかいつまんでいくと…


あきまんさんが子供の頃アニメを卒業しなさい、と親に言われて本人もなんとなく
そうしないといけないのかと、思っていた頃にハイティーン向けの作品が
出てくるようになりアニメを観ていても良いと決定づけたのがガンダムだと。

これには会場のご年配であればあるほど首を縦に大き振っていらっしゃいました。

ヤマトの映画を観に行った時にポスターが欲しくて母親にねだった。
ポスターは2種類あって天下の生頼範義先生のとアニメの2種類があって
あきまんさんはライトなアニメのが欲しかったが売り切れで
生頼範義さんのを買ってもらって何とも言えない気持ちに。

生頼範義先生でもライトなものは描けない。
人には得意分野がある。

画集のターンAのイラストを指して花を描くのがチョー大変だった。
花を描くのにディアナ様と同じぐらいの労力がかかっている。

女性が花を描けるがメカを描けないことについて。



作者のコメントがない画集を憎む。
絵とコメントが一体になったものが重要で必要。
文字文字02文字03
コレ聞いた時にガンダムエースとかでやってた連載のことだ?!と思った。
(画像はダムエーのやつではないけど)

自分自身画集とか買う時に作者のコメント(何気ないものでも)が
大好きだし、それ目当てで買っているようなところもあったりするので
凄くありがたい。




ガンダムは凄い、アニメは儲からないレッドオーシャンなのに
ガンダムはずっと儲かっているし未だに関連商品も含めて
年間700億の売上がある。ガンダム凄い!

あきまんさんは絵描きなので安彦さんスゲー!と早くからなっていたが
専門外な監督、富野さんに関してはよく分からないけど凄い人だと思っていた。

一緒に仕事をするにあたって富野監督を尊敬しようと思った時に
老人なのに仕事していて凄いと思った。
熱量、仕事に対する姿勢、細かいこともちゃんとやる、
指示もふんわりしたものではなく具体的でその為の
勉強も常日頃からしている、(電車の中で英語の本を読んでいる!)
等を目の当たりにしてフツーに尊敬するようになった。

宮﨑駿さんが亡くなったらジブリのパワーは落ちると思うが、
富野監督が亡くなってもガンダムのパワーは落ちないだろう、
むしろ更なる広がりをみせるのではないか。

この辺の話、仮面ライダーに通じるものがあるように感じた。




アニメの仕事をするきっかけ
カプコンで偉くなってしまったあきまんさんは絵を描く仕事が少なくなった。
カプコンでは凄いと言われても会社を一歩出れば自分より絵が上手い人がごまんといる。
このままでは自分が駄目になってしまうと思い、絵のスペシャリストが集う
アニメという場に自らを置いた。


ターンAの時にサンライズと仕事をするにあたって、マンションを借りてもらったが
仕事した半年間ほとんどスタジオで寝泊まりをしていた。
その間もカプコンからは給料が出ていた。

Gセルフは描く度にブラッシュアップしていきたい(実際されている)
Gセルフはまだまだデザイン的にやりたいことがある。
ターンAは逆に全てやりきったと思っている。

ガンダムをやる時は10人ぐらいアシスタントを雇って本気でやらないといけない。
ガンダムは命を削る作業なのであんまりやりたくない。
あくまでガンダムファンである。

リングオブガンダムはテレビアニメではなく短い映像なのでできると思った。
リングオブのガンダムがファースト的なのになったのは監督が一般人だからだと思われる。
RX78なので安彦さんのガンダムを自分なりに再現。

ガンダムはガンプラ市場がとてつもないので、アニメが本来一次創作な
ハズなのだがガンプラの設定はアニメと別なのに並行で一次創作として
成り立っている。

なので今はガンプラの設定も正しいとされアニメに逆輸入されたりするが、
あきまんさんとしてはそれはどうかな、という思いがあって
関節がないのに人間的な動きをするガンダムをどうやったらできるかと
考えている。

安彦さんが描くライフルを構えるRX-78の大胸筋が狭まる表現など。

カトキさんはガンダムを工業製品として常にカッコヨクしてきたプロフェッショナル。
ガンダムにディテールを入れていくことでカトキさんに敵うはずがないので
あきまんさんがガンダムを作る時はそういったアプローチではない方法でいく。


Gレコが何か新しいこと(映画?)をやるみたいですが?
あれは富野監督だから言えること富野監督は治外法権。
自分が何か言えるはずがない。


などなど
興味深い話やら、耳が痛い話やら、面白い秘話やらが盛りだくさんの
1時間でした。


個人的にヒットとした今回のキーワードは
「カドカワ代」「創通エージェンシーのネクタイ」です(笑)




司会の公森さんの話。

安田朗ガンダムデザインワークスを発行するにあたって、編集の公森さんは
富野監督にインタビューをすることになった。

あらかじめ予定していた質問にしっかり答える監督。

その中でGのレコンギスタが当初はガンダムではなかったけど、ガンダムになった。
ということに関して公森さんは編集生命をかけて突っ込んだ!!
何故そうまでしてガンダムをやるのかと!!!!
…そこからはインタビューは熱を帯び加速していったという。


ガンダムデザインワークスの帯を監督に頼んだ。
予めいくつか案をメールで投げておいた、そうすればきっとそれ以上のものを
監督は出してきてくれるだろうと思った。そうなった。


公森さんもまたプロフェッショナルな仕事に真摯な人であると思った。



自分の勝手なイメージであきまんさんは常に美人さんと共にある、というのがある。
浦沢さん然り、まごさん然り、うしじまさん然り…
そして今日も美人のアシスタントさんがいらっしゃいました!!!


トークショウの後はサイン会。
事前情報では自前の安田朗ガンダムデザインワークスにサイン、もしくは
当日売りのものに、ということでしたが当日本は即売り切れで買えなかった人は
色紙にサイン、その過程で(?)リクエストイラストも受け付けることに?!?!

この辺紆余曲折あったりハッキリ告知したわけではなかったのでなんとなーくな流れに。
本じゃないものにサインを描いてもらった方もいらっしゃるみたい。

自分は最初ファイナルファイトのガイを描いてもらおうと思ったりしたんですが、
ガンダムデザインワークスでそれはどうなんだ?ということになりキングゲイナー
にしようと思った(それもまたどうか)のですが、
まずは(リクエストは)何でもいいのでしょうか?と言ったら
緊張で声が小さくなっていて「何でも(お任せ)」と伝わってしまって
自画像を描いてもらった!

キングゲイナーと伝え直す頃には既に書き始めてすばやく完成!
でも今にしてみたらこれで良かったと思うし、ばっちり。
サインを貰ったこと以上に「ふうじゅさんへ」と書いて頂いたことに
何故か感動を覚えてしまった!有難うございます。
あきまんさんサイン
キングゲイナーを描いて貰うのは未来の希望、としておきたいと思います(笑)


そしてなんとあきまんさんからサプライズ!
来場者全員にミニ色紙(直筆ロラン)がプレゼントされる!!
あきまんミニ色紙

3日間かかって拵えた品とのこと!!

一人ひとりにリクエストを受けて絵を描いて、丁寧に話も聞いてくれるとあって
サイン会は3時間たっても続いていたという…。

自分も最後まで居たかったのですが終電もあってサイン会半分ぐらいで
途中退場。

プレゼント抽選夢の跡。
あきまんサイン会夢のあと


てことでとっても幸せな時間を過ごすことができました!
あきまんさん有難うございます!!
画集いろいろ
(アドバイス罪が当選した者ではありません)












管理者宛の投稿

プロフィール

  • Author:楓樹紅葉
  • 変身ヒーロー好き。
  • 管理人のサイト:TRASH R
  • pixiv
にほんブログ村 テレビブログ 特撮ヒーローへ

pixiv

ツイッター

最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
最近のトラックバック
月別アーカイブ

ブログ内検索

キングゲイナー ガチコ

RSSフィード
リンク
あわせて

あわせて読みたい

 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。