オールライダー天下分け目の戦

 TRASH Rのぶろぐ?

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

オールライダー天下分け目の戦

見てる方はご存知の通りレスキューファイアーのCGは半端なく、
これだけのクオリティの物を毎週やってるだけで頭オカシイんじゃ
ないか?と疑いたくなるワケですが、スカイチームが登場して以来
どーにもその物量が毎週毎週増していってる気が…。

これ以上?これ以上なのかー?!と毎週驚くばかりです。
単なる一視聴者としては、スッタフに死人が出ないことを祈るばかり。
(変な事を言うんじゃない!)いや、でも本当にね…。

とそんな朝を迎えた土曜日、行ってきました東映スーパーヒーロー映画。
劇場版仮面ライダーディケイドオールライダー対大ショッカー)と
侍戦隊シンケンジャー銀幕版天下分け目の戦。
8-8allrider02.jpg
(改めて書くと正式名称長いな~)

場所は川崎チネチッタを選択。
何故なら、この日8/8に川崎ラゾーナにマブリットキバが来るからだ!
(そちらは後ほど)

新宿は駅張りのポスターが超格好よいらしいね!
新宿駅地下道にある仮面ライダーの広告が素晴らしすぎる件について

で映画の方ですが、今年のはライダーがギャグで戦隊がシリアスっだった印象。
シンケンジャーの方が何時になくピンチで緊張感がありました。
この辺はやはり脚本家の色が出てるな~といった感じ。
てかあの短時間で全キャラ見せて尚且つストーリに緩急つけてキッチリ閉める
のはサスガ小林脚本って感じ。

ライダーの方はお祭りなので士の葛藤とかはむしろなくても良かったぐらい(笑)
というか、自分が撒いた種で勝手に落ち込んで貰っても、そのなんだ、困るみたいな。
あれは完全にガクトを持ち上げる為だけでしかないよな(笑)ガクト格好良過ぎ!!
NEXTライダーマン(ないないない)への布石なのか~。
やべえ、PV付きの映画主題歌CD欲しくなってきたぞw
っていうかライダーマンだけでスピンオフ作っちゃえよ!

GACKT:ライダーマン役に挑戦「気持ちよく演じた」 劇場版「仮面ライダー」公開


以下バレ全開で。
(無駄に長いです…^^;)

・シンケンジャー
8-8appare.jpg
まずは東映ロゴ波ザバーンからロゴを残しつつ波が外道衆の旗のなびきに。
演出凝ってていいね!

くされ外道衆の圧倒的な大軍勢に凌ぐのがやっとなシンケンジャーの面々、
彼らの休息は水切れの時だけ、という完結なナレーションと傷ついたシンケンジャー
だけでのっけからクラマックス感と何時にない絶望感でテンション上がりまくり。

じいは出番は極めて少ないけど、鎧を着込んでいて常に臨戦態勢で
大戦の緊張感に一役買っている良い演出。

その状況を打開する奥の手として初代シンケンレッドが残した秘伝ディスクの
在り処が分かる、が場所は敵陣のど真ん中!

そこで彼らがとった行動は、外道衆の名無しにコスプレ?して潜入するというもの。
ここで殿が龍之介とことはに何か策はないか?って聞くんだけど、
こーいうのは少しずれた発想を持った奴がいい、とか言っていて
やっぱ殿でも龍之介がちょっとズレテルとは思ってるんだな(笑)

ソレに対しサスガの龍之介も殿に反抗してたなw
ことはは逆に何も疑わずに私にいい考えがある、
で相変わらずの天然だし(笑)

その頃、外道衆の方は脂目マンプク(今回の大将)が増長していて
ドウコク達と一枚岩ではない描写がされる、これが後々効いてきて
敗北するわけだが、シンケンジャーの方は初代と力を合わせる事で
倒す事ができるという上手い対比構造。

初代シンケンレッドは脂目マンプクを封印した人物なのだが、初代だけでは
倒す事ができず封印するのがやっとで、倒すのは後のシンケンジャーに
託した。それが今回成就する。

初代シンケンレッドの役割が単にパワーアップアイテムを授けるだけでなく、
戦力としての協力者にもなっているのがいいよね。現在のシンケンジャー
だけも倒せず、何代も受け継がれてやっと成就するという。

戦隊は複数、ライダーは孤独のヒーロー。
だからこそ戦隊はチームワークが売りなわけで、ちゃんと住み分けて
特徴を最大限に引き出している凄く考えられてる話だなーと思った。

巨大戦も最初はダイカイオーとテンクウシンケンオーでやられちゃうことで
後半の巨大戦にダイカイオーが出てこない理由をちゃんと作りつつ、
恐竜シンケンオーの魅力を最大限に引き出してる。

ほんと統合性ということに関しては小林脚本は拘るし、シッカリしてる。
それでいて設定に縛られすぎて窮屈になってないのがいいよな!

これだけ尺が短く入れるもんが多すぎると、常にクライマックス状態に
なって全編通して観ると実はのっぺりしたものでしたー、ってなりがち
なのだが、恐竜秘伝ディスクがある神社に侵入した時にたまたま
子供達がお祈りにきて何とかしてくれーって嘆願するところで画面的にも
話的だけでなく絵的にも静になってメリハリがつくんだよね。

しかもこれ、やっと手にした恐竜ディスクが初代の謎のメッセジーしか
入ってなくて戦況を打開するものでなくシンケンジャー達が凹んだ後
なんだよね、そこで子供達の内なる願いに直面してシンケンジャー達の
折れかけた心にまた火がともるとゆー。子供達は神社の中にシンケン
ジャー達が隠れてる事は知らないから押し付けがましくないし…。

ストーリーに散りばめられた色々なイベントが全て上手い事絡み合って
いてちゃんとラストの方に向かっている。
これって脚本家の理想としては完璧じゃねーの???
いや、俺は物書きじゃねーから分からんし、
監督の理想とは別のモンかもしれねーが。

今回の映画の最大の見所はエンディングかな?
テレビの方でもまだ6人バージョンのエンディングになってないけど、
映画では源太がいてテレビとは違う画作り。

曲も少し長くて、場面が四季折々に変わっていく、ソレに合わせて
五人の衣装も変わっていくのだが、源太だけずーーっと同じ格好w
で冬の時は半そで半ズボンだから寒がってるの!細かいよ(笑)

個人的な見所としては、烈火大斬刀でのタイマン切りあい!!!!
これは映画ならではなんではないでしょうか。
あの馬鹿でかい刀、持つだけで大変でアクションとしても
振り回すのがやっと、といった所だと思うのに、あのでかい
刀で鍔迫り合いとか!!頑張り過ぎだろう!!!!

いやー短いながらも最高に面白かったよ!
天下分け目の戦!!



・ディケイド
8-8allrider.jpg
アマゾンつえええええエーーーーーーーーーーーっっ!!!
から始まるんだが、この辺はやっぱテレビで今アマゾン編だから
リンクするようになってるのかな、アマゾン好きにはちょっと嬉しい。
やられた時も爆発とかじゃなくて、立ち去るってのもそれぞれの
ライダーファンに配慮している感じ。

声はテレビとは違って声優さんでした。
あーまーぞーん!も間抜けな感じじゃなくて良かった。
エンドクレジット確認しなかったけど、あれは関さんかな?
(モモタロスじゃなくてドモンカッシュの方)

声といえば、CMで1号と2号のダブルライダーキッーク!
って掛け声聞いた時、藤岡さんだ!と思っていたが本編
みたら違った。デカマスターの人?かな?
でも掛け声の所は凄い似てるなー。

全ライダーそれぞれ見所はあるけど、中でもスーパー1は特に派手で
なんか凄い多段キックを披露してた。戦闘スタイルもちゃんと拳法チック。

スカイの空中攻撃に合成技術の進歩をみる。

メイキングで、youストロンガーのびりびり追加しちゃいないよ!
って言ってたのは思ったほどでもなかったような?(笑)

後でパンフみたら、昔のキャラは懐かしい感じを出して、コレチガウ
を避ける為ににワザと今風のエフェクトは入れなかったらしい。

リボルケイン光まくり。

Xはとにかくライドルなんだ!ライドルなんだよー!という強調具合。
サスガに地獄車はなかったw

序盤で異例コンビのトリプルライダーキックがあったりして燃えたが、
やはり1号と2号のダブルライダーキックの存在感の高さには及ばない。

というか俺、1号2号放映当時は生まれてないし、今現在だって本編は
レンタルで数えるぐらいしか観てなく全部みてないし、エフェクトとか
があって派手派手というわけでもないのに…この内から湧き上がる
感情はなんなんだ?この熱さは一体何処からくるんだーーーー!!

全ライダー横並びは本当に圧巻。
何度も舐めるようなカメラアングルでがっつり絵ができていて満足。
それぞれの乱闘の後に昭和ライダーがビシっとポーズ取るだけで
ワクワクが止まらんよー!

アルティメットクウガは闇の心に支配された、というワケではなくて
外部要因で操られただけ、ってのは個人的には良かったと思う。

あの尺でユウスケの心が変わってしまうのを描写したら多分
安っぽくなっちゃうと思うし、士が裏切ったことでユウスケが暴走だと、
なんかユウスケらしくない気がするんだよね。

テレビで士が照れて素直になれないシーンとかでも
ユウスケだけは理解している、というのが度々あったので、
ここにきても恐らく信じているだろうから。

シャドームーンの変身が格好よかった!
ベルトからパーツがドンドン出てきて装着する感じが!
ブラックは内側から変わっていく感じだけど、シャドームンは外から着ていく
感じで対比にしてあるのだろうか?てかシャドームーンってメカライダーの系譜
なの…か?まあ映画は月影ノブヒコでのぶひこぉー!!とは違うからいいのか。

映画の鳴滝さんはきれいな鳴滝さんw
結局、ディケイド最大の謎はこの人がなんなのか?ってことですな。

世界を移動する力は大ショッカーが開発したもので、ディケイドはそれぞれの
世界に橋をかける先兵で、ディエンドライバーも大ショッカーが作り出したもので
世界を移動できるのはとにかく特殊なのだ!という描写を強く出しているのに
鳴滝さんは一人で平然と世界を渡り歩いているからな。全く何者なんだよ。
テレビでも多分明かされないだろうなー(笑)

悪の大幹部。
くだらなすぎてどうしたものかw
ギャグ?がほんと唐突にきて前後のシリアス感だいなしっつーか、
やられる時までやるのかよ、と(笑) 大ショッカー頭が士から月影に
スゲ変わってもなんも言及しないし、本当に幹部なんですか、とw

そーいやアポロガイスト出てこなかったなー。
テレビでやられちゃうのかな??

ジェイwww

Wは突然来て、勝手に帰って行った。
バイクで唐突に登場、フォームお披露目、ベルトギミック見せつけ、
シャドームーンを一方的にぼこって本当に宣伝に来ただけっつーか(笑)

黒のライダー?いやいや緑のライダーだろ?はおもろかったけどねw
誰一人としてWのこと知らないからディケイドもクウガもぽかーんとしてるしww


まさかのディケィドファイナルフォームライド変形。
他のライダーもカードになって巨大コンプリートフォームとか。
なんでもありすぎるw


倉田てつをさんと賀集さんはほんと顔見せだけでしたな。
倉田さんはテレビのブラック&RXの世界で散々出まくってくれたので別にいいのだが。
賀集さんは残念。

平成ライダーオリジン代表としてもう少し出番があると思ったんだがなー。


イカデビル倒したのになんで爺ちゃん平然と居座ってるのー?!
それについて士とか誰も言及しないし!!!! そりゃないぜ。
でも栄次郎から死神博士への変貌芝居は圧巻でサスガの一言だった。

モモさんの最後の一言、俺は忙しいんだからあんま呼び出すんじゃねーぞ、は
これからドンドン作られる?電王映画のことですね、分かります。

そんな感じで面白かったー!


終わってからはパンフ(DVD付じゃないノーマル)とメダルを買いました。
8-8allrider03.jpg
メダルは凄く「記念」って感じがしていいかな、と(笑)

パンフは何故翔一だけインタビューがないのかと小一時(ry
>BC483さん
格さんは歴代の人が3人登場、ってのを
多少なりとも売りにしてたっぽいです。
パンフのジイのインタビューの所に載ってました。

大ショッカーは色々とグダグダでしたねw
士は大首領だけど騙されてるし、シャドームーンは暗躍するし
イカデビルだって爺ちゃんだから今まで不在だったわけで
地獄大使一人で切り盛りしてたのか?とゆー。

この辺僕はあんまり笑えなくて苦笑いでした。
変身前から酒盛りしてたのは面白かったですが。
死ぬ時までソレか!とゆー。士の話とかは
シリアスにしようとしてるので、なんか
どっちつかずというか、振れ幅が急すぎて
ついていけませんでした^^;

夏海は確かに最後爺ちゃんを見つめてたきがします。
あの辺も含めてよく分からんのですよね。
煙に巻かれた感が凄い。

レンゲルはテレビに出てたのでそれで我慢ということで。
中の人の手の平返しを考えると、フツーに大ショッカー
に味方してそうな気も…。もしくはスパイダーに支配されて
大ショッカー側に…って何故か敵としてしか出てくる姿が
思い浮かびませんwんで虎姐さんに矯正される、と。
めでたし、メデタシ。
行って来ました劇場版。

シンケンジャーも久々に観ました。
嗚呼、こんなに信頼と友情を育みあって・・・
テレビくらいさっさと買えよ俺、と思いつつマンプクの声が大和田伸也なのは絶対水戸黄門つながりだと、そればっか気にしてました(二代目の格さんでした)

ディケイドについては大杉・地獄大使と石橋・死神博士を観ただけで足を運んだ価値が有ると思いましたね。
私ずっと震えてました(笑いをこらえて)

ダジャレ変身のシーンも、その前から既に宴会状態だったみたいだし、大ショッカーは遅かれ早かれ乗っ取られるか壊滅するかの運命だったのではないかと自分の目には映りました、大幹部のせいで(笑)

んでラストで爺ちゃんが「あ~酷い目にあった」とか言ってるのを夏みかんが「・・・・・・」と見つめている(いたよね?)のを観たときはこらえきれませんでした。

大ショッカーの消滅で士の大首領とか爺ちゃんが死神博士とか「実は無かった事」にすればいいのに、君が爺ちゃんをそんな目で見たら「本当にあった事」になってしまうやないか!爺ちゃんもキバーラに「ならばその写真くれてやろう」って、これ自作内でパロディやっとるやろ!って思いました。

あと、オールライダーといってもレンゲルなんかは出ないんだな~と思ってしまいました(全員出してたら収拾付かないでしょうが)

まあオリジナルのレンゲルだったら、ライダーバトルに予選で敗退、姐さんにボコられて再起不能という妄想で補完できるので全然平気です(当然俺の中ではクラブスートは大ショッカーに帰属していません)

久々なのですっかり長くなってしまいました、ご容赦下さい。
行って来ましたか!
いやー本当お祭りって感じで単純に楽しめる感じでしたね。

僕も別にCGだから駄目とか思わないし、CGはそれでそれで利点もあるので
一概には言えないんですが、やはり実際にそこにあるもの、とないものでは
単純に違うよなーってのがどうしてもありますね。

ましてやスーツアクターさんはその道のプロで普通の人がやってるわけじゃないから、
なんかこー本気度が違うというか、CGとの差異はさらに開いてしまいます。

特撮興味ない人でも楽しめたっていうのはいいですね。
なんか客入りも前年、前々年より大分多い滑り出しらしいです。

…ってこれで客呼べなかったらある意味終わってますけども(笑)
お疲れ様です。
今日、やっと友達と観て来ました。

1号の声>稲田さんでした。いや、ホントに似てましたね。

アマゾン&影月の変身>格好良かった!アレはもう間違い無い!

悪の大幹部>ギャグ変身は素直に残念で、笑えませんでした。栄次郎から死神博士が良かっただけに。

ユウスケの心>確かにユウスケってどの世界でもブレませんね。実は。

個人的に、鳴滝まさかの大活躍!を期待したんですが、やっぱり預言者でした。

シンケンの脚本は巧いですよね。

子供が押し付けがましくない>ナルホド!そこまで気が付きませんでした。

烈火大斬刀>「CGだから駄目」みたいな意見は嫌いなんですが(爆発とか)CGのブレイドブレードを観ると、生身のチカラを感じました。


長々とスミマセン。
特撮とか興味ない友達も楽しんでくれて、本当に良い映画でした。











管理者宛の投稿

プロフィール

  • Author:楓樹紅葉
  • 変身ヒーロー好き。
  • 管理人のサイト:TRASH R
  • pixiv
にほんブログ村 テレビブログ 特撮ヒーローへ

pixiv

ツイッター

最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
最近のトラックバック
月別アーカイブ

ブログ内検索

キングゲイナー ガチコ

RSSフィード
リンク
あわせて

あわせて読みたい

 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。